プロフィール

はじめまして。

幼稚園年長の子供がいる30代の主婦のトマトと申します。

結婚後に退職し育児と子育てをしてきましたが子供が小学校に上がったら仕事を始めたいと思い、子育てをしながら資格取得の勉強をしたり、在宅ワークを始めてみました。

その経験をブログでご紹介していきます。

トマトの詳しいプロフィール

東北地方の出身で、高校まで地元で過ごしました。関東の大学に進学しそのまま就職をしましたが一人暮らしが長く家事はとっても苦手でした。

学生時代も社会人になっても家事・・・特に片付けが苦手で必要なものをすぐに見つけられないことが多かったです。

仕事には支障はないからとそのままにしていましたが、夫と出会い結婚前提でお付き合いしている間に夫からのプレゼントを無くしてしまい(!)大げんかしたこともあります。

プレゼントは見つかりましたが、この事がキッカケで整理整頓の大切さ身の回りの片付けの必要さを感じ雑誌やテレビで綺麗に片付けられている部屋やそれを行う奥様に強く憧れるようになりました。

結婚後退職し妊娠し、日中一人で過ごす時間が増え改めて専業主婦の方でも収納や掃除など自分の得意分野で活躍している人を目にし憧れるようになります。

私には何ができるだ?と考えても片付けがやっと出来るようになったレベルでは活躍できないと感じ前職の知識を活かし子育てをしながら家に居て収入を得る事ができないかと考え始めます。

なぜ資格取得を考えたのか?

出産後に漠然と子供が小学校にあがったら働きたいと考えるようになりました。子育て中でも子供が寝ている間や起きるまでの時間を使いながら読書をしたり家でもできる仕事はないかと情報収集をはじめました。

語学を使った仕事に憧れる

始めるなら今までと違った仕事が良いと思い語学を活かした仕事に魅力を感じました。

まず考えたのが英語を使った仕事です。

  • 通訳
  • 翻訳
  • 文章作成

など、英語を使えると仕事の幅も広がります。こんな事を言うと私は語学が堪能なイメージを持たれますが、私は英語が苦手で会話はもちろん英文を読むこともままなりません。

それでも英語を使った仕事をしてみたいと思ったのは、求人が多かったからです!

  • 英語で電話やメールが可能な人
  • 英語でメールの返信を出来る人

など「私も勉強したらできるかも?」と思える求人が多くありました。今考えると英語のメールの内容や電話の内容はきっと考えられないくらいハードな内容なのかもしれませんよね。

しかし当時1歳ほどだった子供と日中2人の時間に刺激を与えたいと思い、TOEICの前に持っている英語の能力を呼び戻すためにもまずは英検3級から勉強しなおしました。

32歳の主婦が1歳の子供をかかえスキマ時間を使って英検3級の勉強をしている姿って滑稽ではありませんか?

当時私は書店で英検3級の参考書を買う事も、リスニングCDを寝ている子供の傍で起こさないように聞くこともとても新鮮で恥ずかしさよりも楽しさが勝っていました。

試験当日は制服の中学生に紛れえて受験し見事合格しました。

PCを使った仕事に興味を持つ

英検3級取得後は2級を受けて、TOEICを受けて・・・と考えていましたが、この頃から勉強が上手くはかどらなくなります。

子供が成長するにしたがって昼寝の時間が短くなり、また引っ越しも重なって勉強が思うようにはかどらなくなりました。

そこで資格取得は一度休憩し、在宅ワークに関して調べ始めました。当時多かったのはアフィリエイトサイトの文章作成です。

商品の紹介文や、私が行った資格取得の勉強方法などを〇〇字で書くというのが多く、これなら私でも出来る!と興味を持ちました。

なぜ在宅ワークを始めたのか?

登録した在宅ワークのサイトで簡単なアンケートを文章で答えるものに応募し納期後に直ぐにお金が支払われたのは衝撃でした。

「こ・・・これでいいの?」

これなら私でも在宅で子育てや家事をしながらでもできる!とPCを使った在宅ワークに興持ちました。

主婦でも在宅ワークで収入を得られる

在宅ワークの種類や内容は時期によって変わってきます。

私が初めてお金をもらうきっかけになった在宅ワークである、アンケートに文章を入力するようなものもありますし、文章と写真を送るものもあります。

子育て経験があるママなら誰でも通ってきた妊婦検診の待ち時間の様子や、子供が産まれてから入った保険についてなど、自分の経験した事を文章にして収入を得られるのが在宅ワークの魅力です。

家事子育ての間に収入を得られる在宅ワークは忙しいママの強い味方です。